R1_7_6 北海道博物館「アイヌ語地名と北海道」オープニングセレモニーに出席しました

  • 2019
    07/06

7月6日から北海道博物館(札幌市厚別区厚別町小野幌53-2)にて第5回特別展「アイヌ語地名と北海道」が催されます。そのオープニングセレモニーに北海道議会環境生活委員長として出席、テープカットの機会を与えて頂きました。

【ホームページの説明から】
北海道の地名は、その多くがアイヌ語に由来します。このことは、アイヌ民族が北海道に先住してきたことの何よりの証です。

また、明治以降になると、本州からの移住者が北海道へたくさん渡ってきて、そのことを示す地名が北海道の各地で見られることや、アイヌ語に由来する地名に漢字を当てはめた地名が作られたことなども、北海道の歴史の特徴をあらわすものです。

この特別展では、江戸時代の古地図や古文献などの資料にみられる地名の記録、アイヌ語に由来する地名研究の第一人者である山田秀三の調査記録、近現代をへて現在に至る北海道の地名の特色などを紹介しながら、〈地名〉をとおして北海道を見つめ直す機会とします。

石森秀三 館長からの熱いメッセージがありました

石森先生は国立民族学博物館で31年間仕事をした後に北海道においでになりました。私の所属する公明党北海道本部としても長く、そして深いお付き合いをさせて頂いております。

ご配慮頂き、テープカットをさせて頂きました。大変光栄です。

今年度から環境生活委員会に入れて頂き、委員長としての大任を一つ一つ勉強しながら果たしていくこと。また感激をもってさせて頂くことに大きな喜びを感じておりますが、アイヌの文化や歴史、縄文の文化など北海道にはたくさんの文化が存在しております。

これらを発信していくことの重要性を痛感します。
その一助を担うことができれば本当に幸いです。

会期 2019年7月6日(土)~9月23日(月・祝)
・前期:7月6日(土)~8月25日(日)
・後期:8月27日(火)~9月23日(月・祝)
時間 9:30~17:00(入場は16:30まで)
休館日 毎週月曜日(7/15、8/12、9/16、9/23は開館)、
7/16(火)、8/13(火)、9/17(火)
会場 北海道博物館2階 特別展示室
主催 北海道博物館
共催 一般財団法人北海道歴史文化財団
協力 NPO法人北海道遺産協議会
後援 北海道アイヌ協会、朝日新聞北海道支社、北海道新聞社、毎日新聞北海道支社、読売新聞北海道支社、NHK札幌放送局、HBC北海道放送、STV札幌テレビ放送、HTB北海道テレビ、UHB北海道文化放送、TVhテレビ北海道、STVラジオ、AIR-G’エフエム北海道、FMノースウェーブ

となっております。皆様、ぜひ足をお運びくださいね。