H30_11_7 素晴らしい出会いがありました!(株式会社ビックボイス様)


素晴らしい出会いがありました。

昨日は地元芦別市のご挨拶まわりをしていたところ。
先輩議員の吉田博子議員より、「ここは東京から芦別に地域振興拠点として新たに開設される企業なのよ」と伺い、それでは(お約束もないところですが)ご挨拶しようということになりました。

まだ開設準備中だったにもかかわらず、代表取締役 佐々木治郎様がいらっしゃり、対応頂きました。

企業名は株式会社ビックボイス様
http://www.boisb.com/
(お恥ずかしい話、大きな声という意味かと勝手に勘違いしておりましたが、BICは英語、ボイスはbois【フランス語で森:oiはオアと発音、最後のSの子音は発音しないのでボアとなるはずなのですが、そこは英語読みされてボイス】となるとのことです)
ホームページから抜粋した正式な社名の由来では、
【BiG=(英語)×BOIS=(フランス語)=社名はビックボイス、大きい森を意味しています。 ビックはビッグではなく、あえてにごりを取り、にごり無い大志を持ち続ける企業でありたいという気持ちを表しています。 アール・デコ調時代の偉大なる芸術家たちが、その時代最高の美を産業とアートの視点から大量生産とデザインの調和を目指したように、ビックボイスは関連する全ての皆様と、規則正しくありながら熱い想いで取組み、大きな森と言うプラットフォーム上で、この時代最高のITデザインを目指します。】でした。

なんと、私の教員時代のロボット製作を彷彿とさせるロボットなどのIOT研究開発をされる企業様でした。
( http://www.boisb.com/company/#greeting には
東京都町田市で創業し、札幌市にシステム受託開発事業所、函館市に先端技術や製品の開発事業所、今年3月には芦別市にドローンや自動運転、ロボットなどのIOT研究開発・Web制作・地域振興拠点を新たに開設されたと記載されています ) 
また余談ですが、私は教員時代に生徒達にWeb制作(ホームページ製作)を教えていたこともあるのですが、いわゆるWeb制作ソフトなどは使わずにテキストで教えておりました。つまりはHTMLはテキストで記載します(笑)。そのWeb制作も業務にあり、本当に親近感を感じました。

準備されている途中の企業内には、いま流行りのラズベリーパイ(食べ物ではありませんよ。超小型PC「Raspberry Pi=ラズパイ」です)を搭載したロボットが複数あり、楽しい話に花が咲きました。

ご挨拶で伺ったはずなのに、すっかり話が盛り上がってしまい長居してしまいました。(申し訳ありません)

せっかく芦別においでになったのですから、なんとしても応援して差し上げたい気持ちでいっぱいです。

皆さまもどうぞ、株式会社ビックボイス様を宜しくお願い致します。