H30_8_4 第45回難病患者・障害者と家族の全道集会(中空知大会)が開催されました


第45回難病患者・障害者と家族の全道集会(中空知大会)が開催されました。

北海道空知地域の砂川市を訪れ「第45回難病患者障害者と家族の全道集会」に佐藤英道衆議院議員・横山信一参議院議員らと出席しました。
患者さんの赤裸々な体験発表や車イスダンスには胸を打たれました。更なる難病対策の充実を決意しました。

H30_8_2 (仮称)北海道立林業大学校の市民説明会が開催されました


(仮称)北海道立林業大学校の市民説明会が開催されました。
平成27年の秋に芦別の林業の社長さんとお話をしているときに、「北海道には道立農業大学校があり、漁業の研修所も複数あるのに林業の担い手を作る林業大学校がない。荒当さんこれを作ってもらえないか。」と話を頂いたことからスタートしたこの取り組みが、ひと段落つきました。

結論から申し上げますと、2020年に訴えてきた道立林業大学校が開校します。
しかしながら、芦別の皆様が念願された市内誘致が完全な姿として叶うことができませんでした。芦別市には基礎学習施設と実習フィールドという学校の一部が来ることになりました。

(仮称)北海道立林業大学校設置・誘致期成会会長の坂田商工会頭)

以来、水産林務委員会に志願して所属させて頂き、芦別高校の一部は使えないか?閉校の施設は使えないか?さまざま訴え、また市長・商工会頭を先頭に設置・誘致期成会を立ち上げ先進地域の視察、国会に要望などして参りました。
私は議会にて幾度も幾度もお訴えをさせて頂きました。

芦別市 荻原市長のご挨拶

その結果、林業大学校は隣町の旭川市に産声を上げることが決定しましたが、最終盤には13市町・地域が誘致期成会を作りぜひ我が町・地域にとの要望の声も大きくなり、なかなか決まりにくい状況だったと道幹部が言っておりました。

芦別市としては、6685名の署名(市の人口は14000人を下回っている)をわずか二週間足らずで集めて知事に提出したこともありました。

そして、設置・誘致期成会の名のとおり「設置」を求める期成会は芦別市だけでした。

書けば書くほど長くなりますので、時間を見てまとめたいと思いますが、8月2日は市民の皆様に説明会ということで、私も説明の機会を頂きました。
前の連合町内会会長さんが、「悔しいけれど、やりきった!(趣意)皆さんとともにやりきった!感謝します」との言葉をかけて頂いたときには熱いものがこみ上げました。

芦別市民の総意ですざまじいベクトルが出来上がりました。このベクトルを弱めることなく次の街づくり、地方創生の大事なエネルギーにさせて頂きたいとご挨拶をまとめました。
厳しいご意見も頂くかなと覚悟しておりましたが、皆さん会の終了後にて「よくやった!」「それでも一部でもよくとれたものだ!」とのお褒めの言葉を頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。

これからも、芦別・空知のためにしっかり働いて参ります。
どうぞ宜しくお願い致します。

H30_8_2 第57回空知地区身体障害者福祉妹背牛大会に出席しました


つきぬけるような快晴と、少々うだるような暑さの中ですが、第57回空知地区身体障害者福祉妹背牛大会に出席しました。

冒頭の式典でご挨拶をさせて頂きましたが、皆さんお元気に参加されているお姿を拝見して、なんとしてもこの「ノーマライゼーション」の世の中を作らねばとの決意を新たにいたしました。

同じ選挙区ですが、白川道議も出席されています。

お昼休みにはアトラクションで地元妹背牛町の文化を語り継ぐ皆さんの獅子舞を拝見いたしました。(獅子舞が映っていないですね)