H30_1_4 新年あけましておめでとうございます

  • 2018
    01/04

新年あけましておめでとうございます。

今年はいよいよ平成30年の初春であります。
旧年中は、ご支援いただいた皆様に大変お世話になり、心より感謝、御礼申し上げます。
誠にありがとうございました。

当たり前ですが、30年前に昭和天皇が崩御され平成の年号が始まって30年も経つのですね。
当時は20代前半でしたもので、青年時代から今日まで実に目まぐるしく30年間過ごしましたが、やはりその時から皆様にお世話になりっぱなしでした。感謝の気持ちでいっぱいであります。

論語にある言葉ですが・・・。
三十にして立ち(而立)、四十にして惑わず(不惑)、五十にして天命を知る(知命)。
夜学からあこがれの教員となり、青年時代を過ごさせて頂きました。44歳の時に出馬のお話を頂戴し、ただ今50代です。天命を知る(というより知らされている感もありますが:反省)この世代も悔いなく走り抜く決意・覚悟であります。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

元旦は岩見沢からスタートし、栗山・長沼・由仁・南幌の皆さんにご挨拶。午後からは夕張市の皆様にご挨拶をし年始のスタートを切らせて頂きました。

夕張市からの帰りは薄暗くなり始めての国道452号線です。ご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、北海道の内陸(空知地方)を縦断する国道で交通量の本当に少ない国道です。
たくさんの動物たちもお出ましして(笑)、緊張感も漂わせながらも快適なドライブとなりました。夕張岳もきれいに見ることができました。

今年一年もしっかりと働いて参る決意です。
どうぞ宜しくお願い致します。
                             平成30年 戌年 新春