H29_6_28 北海道議会第2回定例会にて一般質問の機会を頂きました

  • 2017
    06/28

H29_6_28 北海道議会第2回定例会にて一般質問の機会を頂きました。

6月20日より始まった北海道議会第2回定例会ですが、本日一般質問の機会を頂きました(20分)。

質問内容は次のとおりです。

1 林業問題について
(1)道立林業大学校について
(2)林業木材産業の振興について

2 地域づくりについて
(1)地域の遺産を活かした振興方策について
(2)空知管内の産炭地域の活性化について
(3)北海道150年事業について
(4)日本遺産の認定について

3 道立農業大学校の専門職大学校化について
4 教育問題について
(1)公立高等学校配置計画について
(2)道立教育施設の地域開放について

正式な議事録は(6/28時点では日をおいてから)次のアドレスから公開されます。
http://www.gikai.pref.hokkaido.lg.jp/kaigiroku/

(上のアドレスから「定例会」→「平成29年第2回定例会」→「本会議」→「平成29年6月28日(木曜日)」からご覧になられます。)

大まかな(すぎる)解説ですが
1(1)林業大学校についてはなんとしても芦別に林業大学校を設置したいというところからの伺いです。
1(2)芦別・空知にとっても大事な森林・林業・林産業の活性化について伺いました。

2(1)産炭地をはじめとする地域遺産を活用して振興の方策を取るようただしました。
2(2)具体的に炭鉄港(空知の石炭、室蘭の製鉄、小樽の港、とそれらを繋いだ鉄道)の進行に取り組むように提案ました。
2(3)炭鉄港も含めて各地域で取り組んでいる文化財や遺跡、産業遺産などを活かしたまちづくりを提案しました。
2(4)東京オリパラまでに(1)~(3)を日本遺産に向けてすすめるように提案しました。

3 道立農業大学校を道立大学にするよう提案しました。

4(1)空知には喫緊の課題である公立高等学校配置計画について、高校から就職する人材を輩出している職業学科も残すようお願いしました。
4(2)空き教室の多くなった学校施設を学校数を減らさずに文化・教育活動等に使えないか提案しました。

答弁は概ね良好でした。
一般質問は議場でひと度「声を出して」そしてそこから日々の議会活動で実現に向けて働きかけを増していきます。これから、良い結果につながるように皆様、引き続きアドバイス等宜しくお願い致します。