H27_8_25_JR日高本線の災害箇所と高波による堤防事故現場を視察しました

  • 2015
    08/28

H27_8_25_JR日高本線の災害箇所と高波による堤防事故現場を視察しました。

折りから台風の影響によるうねりが強かったこの日ですが、新冠町のJR大狩部~厚賀間の不通区間と新ひだか町の高波による堤防事故現場を視察して参りました。
DSC_0690
現場に向かうまでに車は高波を何度もかぶりました。
DSC_0692
DSC_0687
現場はわかりにくいですが、もっとも海岸に面したところに線路があります。
潮がかぶることと、不通期間が長くなり、線路自体は赤くさびておりました。
DSC_0695
一方、新ひだか町の春立地域の堤防が決壊した場所も拝見しました。
DSC_0696
この高波なら堤防も破壊してしまうのでしょうね。S__4751366
近くの住宅にも高波が襲いかかりそうでした。

これら二カ所を視察して日高振興局にて関係町長や振興局長とともに今後の対応について意見交換。
災害箇所は当然なんとしても一刻も早く復旧させなくてはなりませんが、JRにもなんとか日高の皆さんの足を守ってもらいたいものです。JRの説明は(気持ちはよくわかりますが)「こんなに大変な地域に鉄路を敷いている。日々の管理だけでもとんでもないお金がかかる」という感じ(決して言葉で言ったわけではありません)がひしひしと伝わって参りました。