H27_7_10 高齢者の虐待について

  • 2015
    07/10

高齢者の虐待について、9日の委員会で質問したことが記事になりました。
高齢者虐待
千葉県茂原市で、83歳の妻の首を絞めて殺害したとして、92歳の夫が逮捕された件を受けて、昨日(9日)の委員会で質問をさせて頂きました。
ちょうど前日に千葉地裁の判決が出たところでした。
「短絡的な犯行だが、(苦しむ妻への)愛情故の犯行だったことを疑う余地はない」として、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役5年)の判決を言い渡したようです。
裁判官は判決理由で「2人きりの閉ざされた環境で寝る間もなく献身的に介護を続ける中で追い詰められていた」と述べた上で、「60年以上連れ添った妻を自ら手にかけることを決断せざるを得なかった被告の苦悩は同情を禁じ得ない」としました。

「被告は布団に横になって妻と思い出話をした後」に
「最後にもう一度あらためて妻の決意を確認した後」に
ネクタイで首を絞めて奥様の命を絶ったとのことです。

判決に意見するつもりはありませんが、自分としては温情のある判決であったと思います。
しかしながら、現実問題として、『そうせざるを得なくなった状況が存在する』ことが私にとって問題でありこういう事例はなんとしてもなくしていかねばならないとしての質問でした。

残念ながら、道の答弁は「虐待は増えている(くわしくは添付した新聞をご覧下さい)」とのこと。

この問題は、特効薬など存在しない問題です。引き続き働きかけ続けることが大事なこととして、これからも取り組み続けます。

ところで・・・私の名前が掲載されていないので、少々寂しい思いをしてしまいましたが、私の質問です。ささやかに主張させてください(笑)。