砂川市・沼田町・秩父別町にて道政報告会を開催致しました

  • 2014
    10/12

10月11日に砂川市で、12日には沼田町・秩父別町にて道政報告会を開催致しました。

(今回はカメラの調子が思わしくなく、ピンぼけばかりとなってしました。申し訳ありません)
DSCF1423
(あらとう道政報告会砂川会場にて)
稲津久衆議院議員も駆けつけて頂き、3つの会場で道政報告会を持たせて頂きました。
砂川市の善岡市長も来賓でおいで頂き、激励を頂戴しました。
砂川市におきましては、スマートインターチェンジ開業に伴い、ネイパル砂川(北海道立青少年体験活動支援施設)・北海道子どもの国・ハイウェイオアシスと、3つの施設が一堂に会する素晴らしい条件を持っており、私が推進している「ゼロ・リゾート(お金をかけずにリゾートを楽しむ)空知」構想にぴったりの場所であります。お金をかけずにといっても、リゾート地によくある沢山のお金をかけて贅沢をするのではなくて、必要最小限という意味です。
これをなんとか推進したいと考えております。
応援演説として、芦別総合技術高校時代の生徒だったSさん。そして残念ながら当日白老まで仕事になってしまい、急遽演説ができなくなったものの終了時に駆けつけてきてくれた、釧路工業高校定時制時代の生徒のWさん。本当に心温まる激励を頂きました。
ありがとうございました。

12日は沼田町・秩父別町です。
ただいま空知は、稲刈り・マメ刈りの真っ最中なのです。その上、この11~13日はなんと3連休ということで、ご参加の皆様には本当に申し訳なく思っております。心より御礼申し上げます。ありがとうございます。

DSCF1448
(あらとう道政報告会沼田会場にて)
金平町長にも激励のお言葉を頂きました。

DSCF1471
(あらとう道政報告会秩父別会場にて)
神藪町長にも激励のお言葉を頂きました。

二つの町は、まさに空知の「こめどころ」です。
日本中に流通しているお米の1割が北海道産米、そしてその半分は空知のお米であります。この空知から、この町から断じて農業を守り抜く決意と、石炭・再生可能エネルギー・林業の重要性をお訴えさせて頂きました。

9月の初旬から空知の10市14町を精力的に回り、道政報告会を開催させて頂いております。どの地に伺っても、献身的に、また絶大なご支援を賜っておりますことに心から御礼申し上げます。