平成26年第3回北海道議会が開催されております


9月8日の前日委員会を含めて、その翌日から平成26年第3回北海道議会が開催されております。

今回の定例会は10月3日の閉会日まで続きます。
私は今回も予算特別委員会のメンバーとして入れて頂き、農政部・経済部・教育委員会に質問の機会を頂きました。
29・30日と質問させて頂きます。ようやく壮絶な意見交換も終わりが見えてきた感があり、こちらも納得できる答弁を頂けそうな雰囲気です。

ちなみにわかりにくいかもしれませんが、北海道議会のHPに今定例会の提出案件が掲載されておりましたのでご覧ください。

http://www.gikai.pref.hokkaido.lg.jp/honkaigi/29honkaigi/26-3t/anken1.html#%E7%9F%A5%E4%BA%8B%E6%8F%90%E5%87%BA%E6%A1%88%E4%BB%B6

今回はこの35の議案と10の報告を審議する議会となるわけです。

13日から代表質問が始まり、多くの内容は8月22日から24日にかけての集中豪雨の影響で、広島市内は土砂災害があちこちで発生、多くの犠牲者を数え、北海道でも離島の礼文町において2名の犠牲者を出してしまいました。
この礼文町での災害で明らかになったのは、各自治体が発令する「避難勧告」の基準がまちまちであること、土砂災害警戒区域の指定に関わる調査が遅々として進んでいないこと、いわゆる北海道は災害について非常に脆弱であることが分かりました。質問も、国土を強靭化させる方法、防災・減災についての質問が多かったです。

少々意外だったのですが、土砂災害危険区域の指定にあたっては、人家が多数存在する地域を優先してスピード感を持って基礎調査を行うようにしなければなりません。しかしながら、危険区域に指定した場合、土地の資産価値が下がる事を懸念し、調査に関する住民の理解が得られないという問題を含んでいるのです。
住民の生命優先で考えれば、当然資産価値よりも生命を取らねばなりませんが、当のご本人が強く反対をされている現状をご理解をいただきながら変えていかなくてはなりませんね。

直後に石狩・胆振・十勝地区、特に札幌市を中心に豪雨に見舞われました。札幌市は避難勧告を出しましたが、避難勧告区域の人口はおよそ78万人におよび、この方々全てを受け入れるほど施設の収容能力も無い中での避難勧告です。これも課題です。
岩見沢市も全市避難勧告が出されましたが、全市民がどこへ避難できるのか、市外に避難しなくてはならないのであれば、近隣市町と約束事をして「何かあった時にはおねがいします。」という体制をとっておかねばなりません。

19日の件。知事は体調の不良を理由に2日間にわたり本会議を欠席しました。
生身の身体ですから体調を崩すことがあっても不思議ではありませんが、本会議は3人の副知事が一般質問者の質問に答えていました。
タイミング的にはこの定例会で知事の政治姿勢や行政執行に関わる質問が。もっと言えば来季への決意を伺うタイミングだったと思うのですが、複数の議員がそれに触れて再質問や指摘を遠慮しているようでした。
激務の中で、知事職を全うされることは大変ですが、是は是、非は非としても万全の体調で議論を進めたいものです。

さぁ、残りもわずか。最後までしっかりと頑張ります。

月形町にて道政報告会を開催しました


9月13日(土)、月形町にて道政報告会を開催しました。

町長の桜庭誠二様をはじめ、月形町議会議員の先輩議員の皆様。
そして、町の商工会でトップリーダーとして活躍されている皆様も多数来賓としておいで頂き、盛会で終えることができました。

心より、感謝申し上げます。
S__3989524
S__3989523
《桜庭町長から身に余る激励のお言葉を頂戴いたしました》

S__3989520
《応援弁士として、稲津久衆議院議員も駆けつけて頂きました。》

S__3989522
笑い話なのですが、後ろのポスターの写真がよすぎて「本物ももっとカッコよくなりなさい!」とは参加されたあるご婦人の一言です。

北海道の課題や展望、空知の将来など、マスコミの弁を借りると将来の不安をかきたてられるばかりですが、私は空知の未来を信じておりますし、なにより説得力のあるその理由もございます。

この部分を強く申し上げさせて頂きました。
本日は、三笠市と、地元芦別市で道政報告会を開催させて頂きます。
皆様とお目にかかれることを楽しみにしております。

あらとう道政報告会を開催しました


9月6日(土)に歌志内市で、7日(日)に赤平市と上砂川町であらとう道政報告会を開催しました。
2014-09-06 18.28.16

来週は、月形町、三笠市、そして地元の芦別市で道政報告会を開催させて頂く予定です。

2014-09-06 18.27.59

どの会場も熱気もあふれる状態で、本当にご支援頂ける方のまごころに感謝するばかりです。

報告内容は、もちろん道政課題とその解決の方途、これまで取り組んできたことについて。
いずれにしても、大事な皆様のお声を、地元の市・町議会で、そして北海道議会で、そして国会議事堂にまでお伝えしていくのが私の仕事であると訴えさせて頂きました。

空知総合振興局は10市14町ありますが、現段階で21会場でさせて頂く予定です。
皆様にお会いできること、そしてこの3年余りの活動をご報告させて頂けることに感謝の気持ちを持って、しっかりと取り組んで参ることをお約束致します。