暑い日がつづいておりますが・・・1

  • 2014
    07/27

暑い日がつづいておりますが、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか?

夏本番を迎えて、連日好天の中にありますが、本州と違って朝晩は涼しくて過ごしやすいですね。予想では冷夏と伺っておりましたが、気象予報に反して暑い夏となりました。しばらく強い日差しばかりで畑も乾いておりましたが、この2~3日の恵みの雨で農作物は元気いっぱいです。

さて、北海道議会も第2回定例会が終了して、私も道内各地を忙しく歩かせて頂いております。ホームページの更新もなかなかできない状態で失礼をしておりました。

一つ一つ丁寧に説明しながらご紹介したいところなのですが、今回はまとめてのご紹介とさせて頂きます。といいますか、すべてご紹介させて頂くことは無理なのでかいつまんでご紹介致します。

まず、6月29日に赤平市の消防演習に参加させて頂きました。
DSC_0225
赤平市消防本部は芦別市消防本部、滝川地区広域消防事務組合消防本部(滝川市、新十津川町、雨竜町)と合同の広域消防組織となりました。

日本の総人口は、平成17年に戦後初めて減少に転じ、将来人口が確実に減少することが予想され、一般的に消防本部の小規模化がより進むと同時に、生産年齢人口の減少を通じた財政面の制約もより厳しくなると考えられます。このような人口動態等による影響は消防本部の規模が小さいほど深刻であると考えられ、小規模消防本部の体制強化がこれまで以上に必要となっています。
これらを踏まえ 、例えば50人以下の職員数である小規模消防本部で、特に今後十分な消防災体制が確保できないおそれがあると考えられる消防本部を含む地域について広域化していく動きとなり、この度広域消防組織となったのです。

どのような組織になられても、消防職・団員の皆様の献身的な日々のご努力のおかげで、私達の住む市域にて災害から守って頂いているという
ことにはかわりありません。
敬意を表するとともに感謝申し上げる次第です。

翌週は、地元芦別の消防訓練行事に参加致しました。
芦別も赤平市さんと同じく広域化され同じ組織となりました。
DSC_0230
芦別市役所(総合庁舎)が火災したものと見立てての訓練です。近くにいたお子さん達は大興奮で(笑)、確実にこのお子さん達の中から次のファイアーマンが誕生することでしょう。
DSC_0233
このオレンジ(レスキュー隊員)の方は、なんと私が芦別総合技術高校に勤務していたときの生徒さんです。今は地元芦別の消防士として私達を災害から守ってくださるスーパーマンとなられました。
心強い限りですね。ちなみに新婚です。奥様も同窓です(笑)。
DSC_0235
炎天下のなか、皆さんの日頃の訓練の成果が遺憾なく発揮されたところを拝見させて頂きました。ご挨拶は稲津久衆議院議員です。