第21回芦別馬子唄競演大会 及び第3回芦別馬子唄優勝者競演大会に出席しました

  • 2014
    03/03

第21回芦別馬子唄競演大会 及び第3回芦別馬子唄優勝者競演大会に出席しました。

芦別馬子唄は、残念ながら平成25年3月1日にお亡くなりになられました、芦別在住で北海道民謡連盟最高師範の紺野秀晴(しゅうせい)先生が作詞作曲された郷土の民謡です。

唄の内容は、旭川のばん馬大会で優勝した愛馬とともに家路をたどる様子がしみじみとした曲調で描かれています。

一般参加の「競演大会」が毎年開かれ、今年で21回目。

競演大会の優勝者による「優勝者競演大会」も今年初めて開かれましたが、来賓のご挨拶をさせて頂いた中で、昨年は「私も、芦別で生まれて、芦別の皆さまに育まれた、地元の民謡を歌い継がせて頂きたい」と申し上げたところ、今年はついに恥知らずにも(笑)一節のみ歌わせて頂きました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
来年はいよいよ、一般参加者として出場させて頂く覚悟です(笑)!

芦別民謡連盟の皆様、宜しくお願い致します。