高橋はるみ知事に「平成26年度 北海道予算編成及び道政執行に対する重点要望書」を提出しました


本日、高橋はるみ知事に「平成26年度 北海道予算編成及び道政執行に対する重点要望書」を提出しました。
DSC_9779
(写真は重点要望書を提出後に知事に説明・意見交換しているところです)
 『今日、本道を取り巻く情勢は、依然として厳しさを増しているが、今こそ、北海道で暮らす全ての人たちが、未来に向かって夢と希望の持てる社会の構築に向け、しっかりとした道筋を示していかなければなりません。
 今般の予算編成は、高橋知事の3期12年の集大成にあたる重要な政策予算でもある。残された道政諸課題への対応はもとより、数多くの道民の負託に応えるためにも、重点政策を中心に取り組みを着実に展開しなければならないものと考えるところである。
 もとより、現下の本道においては、当面する景気・経済・雇用対策をはじめ、地域の活性化、地域医療問題への対応や再生可能エネルギーへの転換などの取り組み、さらには、世界を市場に捉えた足腰の強い本道農業の確立など、未来に引き継いでいく北海道づくりの様々な重要課題が山積している。
 道においては、今こそ、これらの道政諸課題の解決を図るため、これまでの既成概念や縦割行政などを乗り越え、オール北海道としての総合力をもって先駆的、かつ最大限の取り組みを展開していただきたい。
 よって、高橋知事にあっては、明年度の道予算編成及び道政執行にあたり、以下の各項目の実現に向けて、積極的に取り組まれるよう強く要望する。』

という理由から、今年度の重点要望を知事に提出致しました。
一 景気・経済・雇用対策の推進
二 世界に向けた成長戦略の推進
三 脱原発と再生可能エネルギーの推進
四 産業振興戦略の推進
五 地域の元気づくり戦略の推進
六 安心社会の構築
七 環境の再生と暮らしの充実
八 教育の再生と北海道らしい文化の創造
九 国際戦略の推進
十 危機管理対策の推進
十一 抜本的な道庁改革の推進

245項目にもわたる要望ですが、しっかりと一つ一つ形にしていき、道民の皆様のご負託に応えることができるようにしっかりと頑張って参る決意です。

私としては(たくさんあげた中でも特に)、教育の復興を掲げて、特に「北海道オリジナル」といわれる他都府県よりも層の厚い「学力低位」の児童・生徒さんの学力の向上を強く要望致しました。

新年のごあいさつが続きます


(重なりますが)
輝かしい新年を迎えられましたこと、心よりお喜び申し上げます。
ありがたいことに、あちこちの町内会や各種団体の方からお声をかけていただき、忙しく歩かせて頂いております。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(写真は頼城東町緑泉市住新年交礼会・清澤市長も同席されております)

あの街、この街でご挨拶をさせて頂いておりますが、特に町内会の新年会は皆さん真心の歓迎を頂き、本当にありがたいです。
この真心の笑顔のご歓迎に、芦別、そして北海道のために本気で頑張ろうといつもあらためて決意させて頂いております。

重ねて御礼申し上げます。

一般社団法人芦別青年会議所の新年交礼会に出席しました


新しい年を迎え、日々空知の街中を精力的に歩かせて頂いております。

この度は、一般社団法人芦別青年会議所の新年交礼会に出席しました。
(1/13)
1601022_435996973196290_1283210121_n
(写真は芦別市役所のKさんから頂戴しました)
青年層の少ないといわれる空知、なかんずく芦別市も同じ課題を抱えておりますが、13日に一般社団法人芦別青年会議所の新年交礼会に出席しました。

今回の理事長は 北村 真 新理事長をたてての出発となります。
前の理事長の石岡理事長さんも芦別のために尽力頂きましたが、芦別市も60周年記念事業の年と同じく創立60周年の芦別JCさんも大変に忙しい1年を過ごして頂きました。

北村新理事長の話の中で、「芦別市をスマートシティにする」という話がありました。コンパクトシティ・街中賑やか計画を皆様と公約としてお約束させて頂いております私としても、ぜひ賛同して応援して差し上げる内容と思いました。

今年は61年目の年、還暦でいうと生まれ変わりの一年目となります。
新時代・新世紀の新出発の船出をされた芦別JCをしっかりと応援して差し上げ、ともに盛り上げて参りたいという決意です。

また、本日1月17日は19年前に起きた阪神大震災の日でもあります。
私も教員になる直前(大阪で教員をしておりましたが)で、この年の4月に北海道に向かうことになっておりました。
この大震災のボランティアで、人生とは命とは秩序とは政治とは・・・様々考えることになったきっかけとしてはあまりにも多くの犠牲者を出した災害でした。

この災害を議員としての政策哲学の底辺におき、防災士としてまた議員としても防災減災・国土強靱化、強い街づくりにも取り組んで参ります。

あけましておめでとうございます(芦別市出初式)


皆様、晴れやかな平成26年の新春を迎えられましたこと、謹んでお喜び申し上げます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

昨日は勇壮な芦別市消防職・団員の方々の出初め式に参加させて頂きました。
1523467_567207463357237_357034616_o
1527056_567207333357250_46684168_n(写真は清澤茂宏芦別市長から頂きました。)

消防職・団員の皆様におかれましては、市民の生命と財産を守る尊き使命と強い責任感のもと、日夜献身的なご努力を続けられておりますことに心から感謝の意を表するものです。
全地球的規模の気候変動が進み、予測できない自然災害も多発しております。今後その対応のためにも消防、警察、自衛隊のさらなる連携強化への取り組みが必要と考えております。どうか皆様にはより一層の鍛錬に努めて頂き、誇り高き消防魂を胸に市民の皆様のご期待にお応えして頂けますよう心よりお願い申し上げます。