第4回定例道議会が終了いたしました

  • 2013
    12/22

第4回定例道議会が終了いたしました。
(HPの更新が遅くなりました。)

皆様、いよいよ年の瀬も押し迫ってまいりましたが、おかわりありませんでしょうか。
ご報告が遅れましたが、平成25年北海道議会第4回定例会が閉会致しました。

(主な内容として)補正予算は、地域経済活性化・雇用創出積立金など一般会計226億5100万円、特別会計20億1900万円が可決されました。
これで、25年度道予算は、一般会計2兆7322億円、特別会計5891億円の合計3兆3213億円となりました。
知事が北海道収用委員の再任を求める議案を追加、同議案を含む28議案を可決したほか、中国による防空識別圏の設定に講義し撤回を求める決議案、TPP協定への参加に関する意見書など意見案7件を可決しました。

今回は会派として、地方の医師不足対策について質問。高橋はるみ知事は「民間病院を含めた複数の医療機関との連携により医師派遣の協力を得るシステムを検討する」と答弁し、その後の予算特別委員会での同僚議員の質疑で、「来年度から取り組む」(知事)と今後の方針を明らかにしました。
これまでは、北大と札幌医大、旭川医大の三つの医局からしか派遣されなかったのですが、民間病院からも医師派遣を検討するということになりました。
北海道においては札幌市以外のすべての街で、深刻な地方の医師不足解消へ大きな前進が期待できます。