道議会は一般質問が続きます

  • 2013
    06/25

北海道議会の一般質問が続きます。
本日は、会派の先輩である包國議員が「地熱発電について」質問するはずでしたが、なんと前の日に道新に記事(記事は当日の朝)にされてしまいました。多少フライング気味なものを感じましたが、素晴らしい答弁をとり、地熱発電にも新しい光が見え始めました。

さて、
折り返しの後期を迎えて道議会の常任・特別のそれぞれ委員会を改編致しました。

私は常任委員会に「保健福祉委員会」に。特別委員会に「北方領土問題調査特別委員会」に配属となりました。

委員の交代に伴う委員長・副委員長の互選を行い、それぞれ保健福祉委員長に三井あき子委員長(旭川市・民主党)、北方領土問題調査特別委員会に小松 茂 委員長(釧路総合振興局・自民党)が着任されました。

偶然なのですが、三井委員長は私の在籍していた前の少子・高齢社会対策特別委員会の委員長で、小松委員長は同じく農政委員会の委員長でした。

保健福祉については前の少子・高齢社会対策特別委員会でしっかりと勉強させて戴き、すぐに対応できるものと思います。
北方領土問題調査特別委員会は、空知選出の議員として「なんで荒当が?」との声もありますが、北海道議会の議員としてしっかりと取り組んでいかねばならない問題と痛感しております。しっかりと勉強してまいります。