夕張市に訪問しました

  • 2013
    02/12

2月9日、夕張市に訪問しました。

財政破綻と人口減少の中で、再建に向けて取り組む夕張市。
かねくに道議(東区選出)とともに中央要請に出発する前に、事情を聞かせて戴くことができました。
DSC_1698
職員の早期退職などで、慢性的な人材不足になっている件。
北海道や道内外の自治体から派遣されている職員も、派遣期限を順次迎えるわけですが、その更新が容易でないとのこと。
確かに、派遣職員のために地元職員が張り付かなければならないと、かえって通常業務の遅滞が生じることになるでしょう。
また派遣元の自治体と夕張の間での業務のミスマッチ。
これがかなり大きな問題であることも分かりました。
地元職員を育てながらの派遣職員の要請が必要であると感じました。

コンパクトシティ化・し尿処理施設の建設・養護老人ホームの建て替え希望等、様々な問題が立ちはだかり自力ではなんともしがたい状況にあります。

当然、あまねく空知すべての課題を解決して参らねばなりませんが、今回は夕張市の皆様の思いを国へ届けたいと思います。