高橋はるみ知事に緊急の申し入れをおこないました

  • 2012
    11/30

(昨日も書きましたが、写真をアップします)
本日の昼のニュースでおおむね解決したようで一安心いたしました。

11月26日からの胆振地方を襲った暴風雪による大停電事故。
28日の議会終了後にすぐに現場に駆けつけました。
DSC_91602
DSC_9199
一昨日は本会議終了後、公明党議員団を三班に分けて、被害状況の視察に現場に急行しました。
登別の温泉街もホテルは数百泊(分)がキャンセルに。
また、近所の水産加工会社では、魚が痛みはじめているという状態。
副町長さんにお会いし、特別交付税で何とかするから、まずはカネの心配しないで
復旧を優先してもらいたい旨お話をさせていただきました。

発電機でかろうじて点灯している信号や、真っ暗なATMをライトで照らして番をするセキュリティサービスの会社の車などある意味不気味ともいえる街中でした。
まずは復旧が急がれますが、なによりも急いでなされなくてはなりません。

そして、昨日は高橋はるみ知事に緊急の申し入れをおこないました。
DSC_7732
内容は、
1 北電に対して速やかに早期復旧、設備の総点検、必要な更新の実施。
2 被災地および被災者に対し災害等に関する情報を適宜適切に提供すること。
3 避難されている方々に対し、適切なケアをすること。
4 避難所における必要な物資や機材の確保・備蓄に全力で取り組むこと。
5 避難や復旧対策については災害救助法に基づきまた、地域作り総合交付金な
  ども活用して人俗かつ適切に対応すること。
 (長い文章なので、それぞれ要約しております)

高橋知事も、「(本会議が休会になる)月曜日に現場に入り、この目で確認し今回申し入れのあったこれらのことについて対応して参ります」「いつも災害があったときには、公明党の皆さんはいち早く現場にお入りになり、適切な対応をいただくことについては敬意を表し感謝します」とありました。