北海道議会 第3回定例会本会議が終了しました


議会中は本当に忙しくて、更新もままならずおりました。

北海道議会 第3回定例会本会議が終了しました。
正式には10月5日に終了するのですが、昨日から本会議の日程が終了し予算特別委員会が設置されました。
私は予算特別委員会で質問の機会を頂いており、議会中ずっと意見交換や資料集めに東奔西走しておりました。

さて、9月25日は、北海道電力労組と冬の電力需給を巡り勉強会を開催しました。
北海道電力労組の方々をお招きして、北海道における今年の冬の電力需給の見通しについて
公明党議員団の勉強会を開催しました。

少々意外だったのは、労働組合の方々も泊の再稼働に強く賛成されているということ。

やはり、今年の冬の電力供給はかなりタイトで、労組の皆さんも頭を抱えている模様です。

新たな原子力規制委員会の指針を待つことを基本に、いよいよと言うときには、大飯のような政治判断も必要になる場面が訪れるかも知れません。

個人的には(政党人ですので個人的にという言葉は許されないのですが)「原発は速やかに止め、考え得る全ての新エネルギーの可能性を追求して『経済発展』『経済成長』を大急ぎですすめるべきだ。」との考えを持っております。

ある、大先輩からのアドバイス。

・どっぷり原発に浸かって町ごと原発に依存している地域や人々をどうしていくか。
・原発に関係している技術者や企業をどうしていくか。
・原発による外貨の収入をどうしていくか。
・我が国の原子力平和利用に関する技術力、技術者、知識、ノウハウは世界のリーダ的存在。さらに高める必要がある。
・この福島の廃炉に関する研究は世界的に必要な知識となり我が国に求められると思う(ない方がよいが)
・これまで発展途上国に輸出している原発のメンテナンスなどは責任を持っていかなければならない。
・この福島の廃炉にかけている技術・経費を無駄にしてはならない。
あげればきりはないが、将来的に原発ゼロは誰も願ってはいないのではないか。また、資源の無い我が国は、技術力で生きていかなければならないのではないか。
国のリーダには広い識見を持ってもらい、国民の幸せとリスクのバランス感覚を持ってもらいたい。

いずれにせよ、今確実に存在する「高レベル核廃棄物」の処理先すら決まっていない、増え続ける一方の廃棄物。これを処理することには答えを出さねばなりません。

唱歌 ふるさと
兎追いし 彼の山
小鮒釣りし 彼の川
夢は今も 巡りて
忘れ難き故郷

如何にいます 父母
恙無しや 友がき
雨に風に つけても
思ひ出づる 故郷

志を 果たして
いつの日にか 帰らん
山は靑き 故郷
水は淸き 故郷

誰もが持つ、この故郷の景色を放射能という(現時点で)人類が解決できない魔物に侵されてはなりません。
しかし、工業立国日本として豊かな電力の供給・確保は瞬時も途切らせることはできません。

まずは節電、自然エネルギーの開発・導入に全力を注ぎます。

素敵なパン屋さんを紹介します


素敵なパン屋さんを紹介します。

パンデスマイル (pan de smile)
北海道恵庭市柏陽町3丁目11−19
0123-32-1630

なぜ恵庭市?とおっしゃる方もいるかと思いますが、ここの店主の藤村さんはボクの大事な後輩なのです。

以前はパン屋さんで修行を積んでいたところまでは知っていたのですが、ついに開店させていたことをうかがい知らず・・・本当にごめんなさい。おめでとうございました。
開店と伺って(実はもう結構な時間がたつそうですが)すぐにお祝いかねて伺ってみました。
DSCF1018
恵庭市内の閑静な住宅街の中にあります。
DSCF1019
清潔感ただよう、「イイ感じのパン屋さん」ですね。
DSCF1020
後輩の藤村さんは奥のパン工場でパンを焼いている最中です。
奥様はお店でてきぱきとお仕事されています。
DSCF1021
忙しいのに、写真撮影に入ってもらいました。
藤村さんご夫婦です。
DSCF1022
仲むつまじいですね。
DSCF1023
DSCF1024
ちょうどお店に伺ったときは夕方前で、もうかなり残りのパンが少ない状態でした。

おいしそうなところをお願いしようとしたら・・・あれこれ目移りして気がつけばたくさん購入してしまいました。
しかし我が家は6人家族(笑)、パンであれば、いくら持って帰っても足りるということがありません(笑)。

ベーコンエビパンは絶品でした!
あと、ゴボウが入ったパン。ごまの風味もきいておいしいです。
「これは焼きたてがおいしいですよ~」とご主人にいっていただいたパンは子ども達のエジキ(?)になり、ひとくちもいただくことができませんでした。
クルミのパンもよかったですね。

勇気を振り絞って、ご苦労されての開店だと思います。
恵庭だけにとどまらず、北海道の名店になって日本中で喜ばれるパン屋さんになってほしいです。
皆さんも、恵庭市にお立ち寄りの機会があれば、ぜひ寄ってみてください。

第三回定例会が招集されました


第三回定例会が招集されました。

北海道議会は本日、第三回定例会が招集されました。
95億円余りの補正予算と、昨年度の決算(一般会計2兆8000億円余り)が知事から提案されました。
私は、予算特別委員会にて発言の機会をいただいております。

これから、しっかり準備をして、臨みたいと思います。

また同日、北海道議会は議場コンサートが開催されました。

今回は、札幌市立幌西小学校合唱団を迎えて
道議会の招集日の恒例となっている議場コンサートがありました。
子どもたちが6曲を歌ってくれました。その一生懸命さに感激。
雑事・俗事を忘れ心洗われるひとときでした。

ちょっと気がかりだったのは男女比率。
30人ちょっとの合唱団でしたが、男子は(たったの)3名。
草食系男子というのはこの年代にも当てはまるのでしょうか?
男児がもう少し増えれば、曲のレパートリーも
格段に増えるだろうになぁと、少し残念な思いでした。
文部大臣奨励賞を受賞するくらいの実力のある合唱団なので、
なおさら、男子にも頑張って欲しいものです。

写真は、本日芦別市の清沢市長が道議会にお見えになり写真を撮っていただきました。
ピアノの横にいる大きなのが私です(汗)。
53_o
いずれにしても、今回もしっかりがんばります。
応援宜しくお願い致します。

芦別市敬老会に出席致しました


本日は、芦別市主催の敬老会が開催されました。
今年75歳を迎えられる方々が参加されます。

本日は、94名の方が参加をされました。
この方々のお誕生年は昭和の12年~13年となります。

私もごあいさつの機会をいただきましたが、日本が戦争へと舵を切り、そして敗戦。
復興の槌音の中から、芦別にあっては石炭産業の興隆。
そして、国策の変更から石炭産業の衰退をご経験なさいました。
その時代を過ごされたご経験と豊かなお知恵を、ぜひ、私どもに教えていただきたい気持ちで一杯です。

アトラクションとして、上芦別保育園の元気な子ども達が歌を披露してくれ、いきいき100歳体操の紹介の他、地域ボランティアの「ひまわり姉妹」さんの歌謡ステージもありました。