平成24年第2回定例会が開会されます

  • 2012
    06/19

本日より7月6日まで平成24年第2回北海道議会定例会が開会されます。

今回の定例会(2定)は、経営難に陥っている北海道エアシステム(HAC)についてや原子力発電所の再稼働など、問題が山積しています。

関西電力大飯原発の再稼働をめぐって、関西地域の電力需給の状況など、地域としては苦しい判断をされているのではないかと思います。

北海道の泊原発も、例えば
2011年5月6日、中部電力の(静岡県)浜岡原子力発電所に対して、菅直人内閣総理大臣が全原子炉の運転停止を海江田万里経済産業大臣を通じて要請しました。これに対して中部電力は5月9日、「現在運転中の4号機、5号機を停止する決定をした」旨を発表しました。また当時、定期検査から停止したままであった3号機についても「当面運転再開を見送る」と発表しました。
時の政府は、
○なぜ浜岡原発を止めたのか?泊原発とどういう理由の違いがあるのか?
そして、
○福島第一原発の事故は、「津波で起きたのか?」「地震で起きたのか?」
すら、答えられておりません。

こんな中で、今夏の電力確保のために大飯原発は再稼働します。
なぜか政府の「安全」というお墨付きをもらってです。

エネルギー問題は本当にむつかしい問題です。

次に
①北海道経済・地域づくり
②行財政
③医療・福祉
④教育・文化
⑤環境・エネルギー
⑥食・農林漁業
⑦北方領土問題(平和問題)・・・

新幹線もまだ頑張らねばなりません。

大変ですが、がんばります。
6月26or27日くらいに一般質問に立ちます。
ご声援宜しくお願い致します。