清澤市長と初夏の夕べ に参加しました


6月23日道議会中でしたが、土曜日に芦別に帰ることができ、清澤市長と初夏の夕べに出席させていただくことができました。

カメラを持ち歩いておりませんでしたもので、なんとも申し上げようがないのですが、すごい人でした。以前勤めていた高校は生徒数が960人でしたが、明らかにそれよりも多い参加者数でした。
さすが清澤市長です。

場所は芦別卸売市場です。何度も行ったことはありますが、ここでこのイベントをされるとは思いもよりませんでした。

人人人・・・!1100人は超えていたと思われます。

その会場にお招きいただき、ご挨拶の機会まで戴きまして心より感謝申し上げます。
IMG_00422
IMG_0041
最初はあまりにも多い参加者の方々に対して・・・「今日は市内を(車で)走ってもなんだか一通りが少ないな、と思ったのですが、皆さんここにいらしたのですね!」と開口一番言ってしまい、はんば失笑をかってしまいました。

歌志内で講演をされていた「いなつ久」衆議院議員も駆けつけ、司会の方から「芦別から出た、初の国会議員!」というお言葉まで戴きました。
IMG_0074
清澤市長とサポートクラブの皆さん、そして暖かく迎え入れてくださった皆さん。本当にありがとうございました。

北海道議会は一般質問を終了しました


最終日は、持ち時間20分頂いて知事・教育長に一般質問の機会を頂きました。
道議会は、議席の数で発言時間が決まりますから、20分頂けることはありがたいことなのです。

内容については、
一 障がい者対策について
(一)新たな法律への対応について
(二)障がい者が暮らしやすい地域づくりについて
二 高速交通ネットワークについて
三 水道事業について
(一)広域化の促進について
(二)広域化に向けた道の取り組みについて
四 環境に配慮した産業振興などについて
(一)木質バイオマスについて
 1 木質バイオマスのエネルギー利用について
 2 木質チップ原材料の安定的な確保について
(二)LED灯の普及について
五 高等技術専門学院について
六 職業教育の充実について

四・五は芦別市役所の幹部の皆さんと共に協議した質問内容です。
質問だけにとどまらず、継続して形になるまで進めてまいる決意です。
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
一般質問終了後、知事から追加提案として、
HAC(北海道エアシステム)への経営支援策として、
3000万円余りの補正予算が提出されました。
本日からの予算特別委員会で審議することになります。

補正予算がつきました!


皆様にすばらしいご報告ができることを感謝します!
昨日から第2回定例会(平成24年第2回北海道議会定例会)が開会いたしました。
冒頭、高橋知事より補正予算について提案がありました。

一つは、私がずっとお願いしてきたことです。「空知地方の(石狩も含む)この冬の記録的な豪雪で被害を受けた育苗施設等への補助事業をしたい(補正予算をつけたい)」という提案として

農作物栽培施設豪雪災害対策事業費補助金 として 3000万円

の計上の提案がなされました。

月形・三笠・そして岩見沢周辺はとんでもない大雪に悩まされ、またビニルハウスをはじめとする営農施設が大雪にやられてしまいました。今回の決定について農家の皆さんに喜んで頂ける仕事ができたと思っております。

また、公明党北海道議団としてすすめていた、「季節外れの春先の大雨によって、オホーツクのサロマ湖口が砂が流れることによって閉ざされた、そのしゅんせつ工事などにも対応したい」とありました。

今回の災害対応の予算など、総額42億3千万円の補正予算の提案がなされました。

本格的な質疑は22日金曜日からの一般質問から開始ということになりますが、HAC(北海道エアシステム)や新幹線などの交通行政、あるいは原子力(発電所)の安全対策、エネルギーの安定供給の問題など、さまざまな分野での質疑論戦が交わされる今定例会です。

しっかりと働いて参ります!

平成24年第2回定例会が開会されます


本日より7月6日まで平成24年第2回北海道議会定例会が開会されます。

今回の定例会(2定)は、経営難に陥っている北海道エアシステム(HAC)についてや原子力発電所の再稼働など、問題が山積しています。

関西電力大飯原発の再稼働をめぐって、関西地域の電力需給の状況など、地域としては苦しい判断をされているのではないかと思います。

北海道の泊原発も、例えば
2011年5月6日、中部電力の(静岡県)浜岡原子力発電所に対して、菅直人内閣総理大臣が全原子炉の運転停止を海江田万里経済産業大臣を通じて要請しました。これに対して中部電力は5月9日、「現在運転中の4号機、5号機を停止する決定をした」旨を発表しました。また当時、定期検査から停止したままであった3号機についても「当面運転再開を見送る」と発表しました。
時の政府は、
○なぜ浜岡原発を止めたのか?泊原発とどういう理由の違いがあるのか?
そして、
○福島第一原発の事故は、「津波で起きたのか?」「地震で起きたのか?」
すら、答えられておりません。

こんな中で、今夏の電力確保のために大飯原発は再稼働します。
なぜか政府の「安全」というお墨付きをもらってです。

エネルギー問題は本当にむつかしい問題です。

次に
①北海道経済・地域づくり
②行財政
③医療・福祉
④教育・文化
⑤環境・エネルギー
⑥食・農林漁業
⑦北方領土問題(平和問題)・・・

新幹線もまだ頑張らねばなりません。

大変ですが、がんばります。
6月26or27日くらいに一般質問に立ちます。
ご声援宜しくお願い致します。

芦別健夏まつり(健夏山笠)ビアパーティに参加しました


6月9日になります。
少々前のイベントとなってしまいましたが、芦別健夏まつり(健夏山笠)ビアパーティに参加しました。
芦別健夏山笠とは(ウィキペディア)
芦別市役所
空知総合振興局からの祭りの紹介
花火大会の紹介

実は芦別総合技術高等学校の教員時代から、この祭りを見てビビびっくり!
一度は参加したかったのですが、ついに去年参加させて頂きました。
IMG_0042
IMG_0043
IMG_0044
IMG_0045
IMG_0046
芦別健夏山笠がこの”Beer party”から始まります。
今年も良い山を舁きたいものです!

今年は、(あちこちで言っているのですが)赤平市の火祭りさん(去年のもののようです)と、開催日か異なりどちらにも参加できるようです。

皆さん、どちらにも参加してください!

三笠市と月形町の「いなつ久フォーラム」に出席いたしました


16日、本日は三笠市と月形町で「いなつ久フォーラム」に出席いたしました。
土曜日の昼下がりと夕食の時間、いずれもお忙しい時間帯であるにもかかわらずたくさんの方が参加していただきました。本当にありがたいことです。ありがとうございます。

月形町も三笠市も、今年は大雪に見舞われ、本当に悩まされたところです。三笠市の幾春別では14mも降雪があったそうです。
補正予算を組んでも間に合わず、自衛隊に出動のお願いを二回されました。

あらとう聖吾のこのホームページでも、過去に三笠市の大雪被害で自衛隊が出動しているところを拝見・掲載いたしました。
DSC_3051
写真は、左から斉藤鉄夫幹事長代行・いなつ久衆議院議員・小林和男三笠市長です。ボクはこの写真でいうと、右側に立っておりまして・・・残念ながら少しも写ることができませんでした。
いつも思うのは、どの地であっても熱烈に応援いただく皆様の姿に、本当に涙が出るような気持ちで感謝し、またエネルギーとさせていただいております。本当にありがとうございます。
これからもどうぞご支援の輪を拡大していただきますよう宜しくお願い申し上げます。

異議あり!社会保障と税の一体改革関連法案


昨日、社会保障と税の一体改革関連法案の修正で公明党は民主党と3党合意を交わしました。しかし、これは公明党の主張を大きく取り入れたものだからです。マスコミ各社は本日の記事であたかも『公明党が消費税増税に合意』とでもいわんばかりの記事を書き立てておりますが、実情は申し上げるとおりです。

公明党の主張「5つの条件とプラス1」
消費税を含む税制の抜本改革をしようとしました。
年金・医療・子育て・介護の安心を守るために条件をつけました。

5つの条件とは
1 社会保障の全体像(年金・医療・子育て・介護等)を明確にする。
2 増税(税制改革)のタイミングは景気が回復して財政を立て直してから。
3 たゆまぬ行政改革の続行で無駄な歳出を減らす。
4 消費税率の上昇分は全て社会保障にしか使わない。
5 税制の抜本改革をする。
プラス1とは
1 所得の低い方々の負担割合の対策をしっかりととらねばならない。

そして、5つの条件とプラス1は次のようになりました。

1 どういう年金・医療・子育て・介護等を目指すのか明確にする。
2 景気対策は民主党は努力目標だったが、公明党案として政府が判断さ
  せることとした。「消費税率の引き上げの実施は、そのときの政府が
  判断すること」。法律案にも防災・減災の要件を入れた。「防災およ
  び減災等に資する分野に資金を重点的に配分する」。
3 行政改革は定数削減や選挙制度改革をしっかりとしてから。
4 社会保障の目的化
5 消費税にとらわれず、資産課税から改革していく。例えば自動車の
  取得税の廃止や重量税の減税など。
プラス1 
  給付付き税額控除、食料品などの誰にも必要なものは税率を軽減させ
  ること。

以上のことから、三党での合意を致しました。
なにも、某新聞のように『公明党、増税に賛成・合意』ではありません。

三党が取り交わした確認書は次のとおりです。
1 今後の公的年金制度、今後の高齢者医療制度にかかる改革については、
  あらかじめその内容等について三党間で合意に向けて協議する。
《合意に向けて協議することに合意をしました》

2 低所得高齢者・障害者等への福祉的な給付にかかる法案は、消費税引き
  上げまでに成立させる。
《消費税の割合が上がるまでにきちんと法案を出します》

3 交付国債関連の規定は削除する。交付国債に代わる基礎年金国庫負担の
  財源については、別途、政府が所用の法的措置を講ずる。
《「交付国債の規定は削除する」と明確に記述されました》

以上です。
言い方が少々悪いですが、「自民党と民主党だけではもうなにも決まらない、決められない」のでしょう。
公明党の存在意義がますます強まる印象を持ちました。

芦別ロータリークラブ様 2665回例会に出席いたしました


かなり前の出来事となりますが、4月5日2665回を数える例会に参加させていただきました。
芦別ロータリークラブ様 誠に申し訳ありません。
ライオンズ様の記事を書き終え、ロータリークラブ様の記事もあったはずだが・・・と探してみたところ見当たらず(汗)。あわてて記事を書き始めております。
写真は芦別ロータリークラブ様のホームページから頂きました。
jc1
jc2
ロータリークラブも、同じく各界を代表される方々が組織される団体です。写真を見てもわかるように、笑顔が消えておりますね(笑)。緊張まっただ中の顔をしております。
ロータリークラブの例会運営委員会(沼前治孝委員長)は、私、あらとう聖吾の後援会でもご尽力を賜りました。お招きくださり、誠にありがとうございました。

芦別ライオンズ認証50周年記念式典に出席いたしました


3d24fd9752d0e30e08fb7dee11c650d6
写真は、清澤芦別市長が来賓ごあいさつをされているときのものです。
前列向かって右側のひな壇の中心に近いひときわ大きな男が私です(笑)。

ライオンズクラブといえば、ロータリークラブと並び各界の一定のポジションを持たれる方々が、奉仕の精神で展開される団体です。
芦別市もライオンズクラブが認証されて50年という、大きな佳節を迎えることになりました。本当におめでとうございます。

世界最大の奉仕団体であるライオンズクラブは、言うまでもなくそれぞれの地域社会において多大な貢献をされて参りました。この半世紀という長い歳月の中で、芦別市においても戦後復興への意気盛んな高度成長の時代、炭鉱閉山による人口減少、就業構造の変化、人口比における顕著な高齢化など様々な事柄・変遷の途をたどって参りました。

その中で芦別ライオンズクラブ様におかれましては、会員のお一人お一人が常に我が街芦別の主体的な牽引力であり続けられてきたことと承知し、心より尊敬申し上げます。
ここに謹んで認証50周年をお祝いし、将来なお一層のご活躍を続けられ、芦別の社会・経済・文化の発展伸張に益々ご貢献くださいますようお願い申し上げます。

いなつ久後援会大会・国政報告会を各地で開催しています!


幌延町・天塩町・遠別町「いなつ久後援会」を開催!
6/9(土)、幌延町・天塩町・遠別町の3会場において「いなつ久後援会設立大会」を開催しました。
空知の道議会議員である私は、留萌の皆様にもご挨拶させて頂きたかったのですが、私は私の使命を坦々とこなしていくだけです。各地の市町村で爆発的に後援会が設立され、連合後援会としても感謝の気持でいっぱいです。

妹背牛町・北竜町「いなつ久国政報告会」を開催!
10日(日)、妹背牛町民会館と北竜町農村環境改善センターにて、「いなつ久国政報告会」を開催しました。
たくさんの方々のご参加、本当に感謝申し上げます。
moseushi
右の前列に大きなのが座っておりますが、それが私のようです(笑)。

北竜町の国政報告会にも参加させていただく予定だったのですが、芦別市の芦別ライオンズクラブ認証50周年の式典参加があり、北竜町は参加することができませんでした。
北竜町の皆さん申し訳ありませんでした。

どの地にあっても、いなつ久衆議院議員を爆発的にご支援していただける皆様に感謝申し上げると共に、なにがあっても絶対に勝たせていただかなくてはと、痛感しております。
最後まで、息の切れないご支援の拡大を宜しくお願い致します。