あの日から1年・・・

  • 2012
    03/11

今日は3月11日。
東日本大震災より1年たちました。復旧やサポート体制は歩みだしているが、まだまだ問題を抱え、また「心の復興」には程遠いと感じます。去年度途中まで、教員をしていた自分が、まさかこんな言葉を吐く日が来るとは思いもよりませんでしたが、「のろい、にぶい、心のない」現政権のピントのはずれた政治には辟易しています。

2011年3月11日は、赤平市の支援者の方のお宅でごあいさつをしておりました。14時46分、グラグラでもガタガタでもない、例えるならばゆ~らゆらと波のようにお宅が揺れているのがわかり、すぐどなたかがテレビをつけました。

画面上には大津波警報が、そして「最大震度7」の表示にビックリ。そしてその日は活動をやめ帰宅中、車のテレビから飛び込んでくる光景は、あの、阪神大震災のときのような考えられない映像が写っているではありませんか。「日本はどうなってしまうんだ」と率直に感じるとともに、まさかそんなことが生きている間に二度も起こるのかと、阪神の記憶が瞬時に思い浮かべられました。

そして原発の問題。
原子力は確かに安定した強大なパワーを生む。ものつくり立国の日本の電力の多くをまかなっている(いた)事実。だが、使い方を間違えたり、今回の様に見通しが甘いと、人間では対処しきれないものになってしまうでもあるのだと痛感しております。

日本に、いな世界に問う今回の震災。いまこそしっかり「皆様のために」というビジョンの策定が必要ではないか。永田町で庁や会議ばかり作っているときではないだろうと思うのは私だけではないと思います。

3月11日を迎えて、震災でお亡くなりになられた方に、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、被害にあわれた方に心よりお見舞い申し上げます。1日も早い完全復興のために自分に出来ることを全力で行動していくことをあらためてお約束申し上げます。

空知の先輩議員である、いなつ久衆議院議員がされていた話を思い出しました。
「被災者の方々は五つの苦しみに耐えて頑張られている。一つは大地震、二つは大津波、三つは放射能漏れ事故、四つは風評被害、そして五つ目めは政治だ!」と。

重いおもい言葉として、肝に銘じ、しっかりと頑張ってまいります。