また、大雪が降りました

  • 2012
    02/08

また、大雪が降りました。

2月8日、早朝からの大雪で、岩見沢市内を中心としてまた雪の被害がありました。

連日の暖気から、すっかり気が緩んでしまったところですが、一転して真冬に逆戻りでした。
今朝から、発達した雪雲の影響で、岩見沢市を中心とする空知地方などではげしい雪が降り、JRでは、上幌向駅の手前で特急が立ち往生、8時間にも及ぶ立ち往生でニュースになり、また高速道路も江別東から北の方向に向かって通行止めが続きました。

今朝の道内は、冬型の気圧配置に戻り、非常に強く発達した雪雲が流れ込んだ影響で、午後5時までの12時間に降った雪の量は、岩見沢市で28センチ、滝川市と夕張市で21センチなどとなっており、短時間ではげしい雪となったようです。

今後も岩見沢や夕張では、あす朝にかけて30センチから40センチの降雪が予想されていて、以降も注意が必要です。

午前9時を過ぎたあたりで、岩見沢の方から「道道美唄~岩見沢線(687号)で、数台の玉突き事故のため、多数の自動車が立ち往生。9時現在、救急車、警察等来ていない。」と連絡が入り、すぐに道警本部と北海道庁建設部道路課に連絡をいれ、早急な対応をお願いしました。

その時点で、道路課は数ヶ所の通行止めの資料を提示し、道道81号(2カ所)・139号・687号で通行止めとのこと。高速道路も通行止め。「空知総合振興局へ連携を図った。道庁あげて注視しながら適切な動きをとる」ことになりました。

芦別市のホームページを確認すると、2月8日11時20分現在、国道452号(夕張市鹿島~芦別市芦別国有林119林班)は、雪崩のため11時20分より通行止めとなっているそうです。
http://www.city.ashibetsu.hokkaido.jp/soumu/ssyomu/TAIHI2/saigai_info_2.html
また、北海道防災情報のホームページも21:00現在、石狩・空知地方に大雪警報が出ております。道道夕張岩見沢線も吹雪のために、岩見沢市万字二見町(万字温泉ゲート)~岩見沢市上志文町(国道234号交点)までが通行止めとなっております。
http://www.bousai-hokkaido.jp/
お気をつけください。

数年前は空知管内長沼町で、国道274号線が吹雪のために100台以上が立ち往生し、残念ながら死者が出るという悲しむべき事故がありました。同じ事故は二度と起こさない、起こさせないようしっかりと取り組んでまいります。