新年明けましておめでとうございます。

  • 2012
    01/01

2012年、新しい年を迎えました。皆様のご多幸ご健勝を心からお祈り申し上げます。

旧年中は、私、あらとう聖吾におきまして、圧倒的なご支援を賜りましたこと、なによりも厚く御礼いたします。大変にありがとうございました。

選挙期間中にお訴えをさせていただいた、阪神大震災等のお話。まさか、私はこれ以上の災害などもうこの日本ではないのではないかとすら考えておりましたが、残念ながらそれを越える東日本大震災という大災害が起きてしまいました。あわせて、東京電力福島第一原子力発電所の事故。もはや、日本国を超えた世界中が、「いったい何が一番大切なものなのか」というテーマについて考えさせられたのではないでしょうか。

今あるこの命を使って、なにをすべきか。
本当に人間にとって幸せとはいったいなんなのか。
ありふれる物質が人を幸せに導くのか。
不便ということが不幸につながるのか。

等々、たくさん考えさせられた一年でした。
また、私が使命をいただき道議会議員に押し出していただいた、まさにその年に起きた大災害で、私自身もご支援に奮闘・道内の諸問題の対応させていただくことができました。本年はその震災からの復興を着実に前進させ、さらに発展を図る年にして行かなければなりません。

震災からの復興、北海道経済の回復、さらに空知・地元芦別のさらなる発展のためには、状況を正確に分析し解決策を提示すること、限られた力(予算や政策)の優先順位を決めること、そして互いに助け合い、社会を少しでも進歩させようという連帯の気持ちが必要だと思います。

新しい年を迎え、さらに強力に北海道のためにまい進してまいる所存です。そのためにも、皆様からの、昨年に変わらぬご支援、ご協力をお願い申し上げます。

平成24年 元旦 あらとう聖吾