活動報告3「北海道高等学校ロボット競技大会」に視察してまいりました。

  • 2011
    10/19

10月15・16日と北海道高等学校ロボット競技大会が、北海道札幌琴似工業高等学校の体育館にて開催されました。
私が教員の時に携わって来た一つで、このロボット(教育)の推進も私の公約の一つでもあります。

東日本大震災から起きた、東京電力福島第一原子力発電所の事故が起きて、一番最初に発電所内に入り込んだのは「遠隔操作(含む)の自走式ロボット」なのです。

北海道は第1次産業と観光の大きな二本柱は当然として、ものつくり教育、なかんずくロボット(の)教育に取り組むべきだとの考えを持っています。
当日は、北海道庁より総合政策部 科学IT振興局 科学技術振興課の課長にも視察に同伴して頂きました。
会場の雰囲気です。
DSCF0551
DSCF0552
熱戦が繰り広げられました。
DSCF0564
DSCF0570
今年は、鹿児島につながる大会だったようです。
http://www.edu.pref.kagoshima.jp/sanfair2011/
全国大会のホームページ
http://www.edu.pref.kagoshima.jp/sh/Kagoshima-T/bukai/robot/index.html