被災地(福島)に行ってきます

  • 2011
    07/27

明日より30日(土)まで、福島県に伺ってきます。
福島第一原発という今回の地震の被害の中でも、もっとも重大な事項というより、もはや地震とは切り離して考えるべきなのでしょう。
「何しに行くんだ」「何しに来た」いろいろなお考えもあるかと思いますが、私の目で福島を見てみたいからです。
阪神大震災を被災したときに、当時職場が2週間休みになり、すぐさまボランティアでバイク隊に参加させていただいた。初めて救い出した方は上半身だけでした。火事の煙のにおい、人間の生への執着(という表現で済ませてください)、体育館の中でご遺体と避難者と同居する1月の冷たい空気。ボランティアに携わった全員がPTSD(心的外傷後ストレス障害)に罹ったのではないでしょうか。
しかし、「人のため」という感情のみで、涙も感情も乾きそうになりましたがなんとかその後も患わずに生活することができました。

今回は、まだ復旧し切れていない福島。放射能による立ち入り禁止区域を持つ福島に行ってきます。

当然、道議会議員として伺うのですが、何ができるか。
心からお手伝いさせていただきます。

30日に帰ります。