精力的に・・・

  • 2011
    07/14

地元を精力的にごあいさつに回っております。

昨日は滝川市・赤平市を。
本日は、砂川市・浦臼町・奈井江町を回らせていただきました。

10市14町という広大な空知管内、そのうち選挙区は滝川市・美唄市・岩見沢市を除く7市14町が私の選挙区となります。とうぜん、密接なつながりもあり、先の3市もごあいさつして回ります。

本日は、ある町長(さん)と有意義な話で盛り上がりました。

北海道(特に空知)は観光や農業は最も大事な柱として、次にたくさん眠る石炭の有効活用。原子力は放射能をまき、ふるさとを無くしてしまいかねないが、石炭による火力発電は二酸化炭素、しかも最新の技術を用いて最小限度のCO2排出に努めることができるということで石炭にも光をあてて欲しいというお願いを。そしてなによりも「人材」の輩出に力を注いで欲しいをお願いされました。

もとより、「人材」の重要性は痛いほど痛感しております。

「人をつくる。未来をつくる。」という、スローガンはダテではありません。

その町長(さん)は私の理念と同じことを申されました。
1000人、万人に一人の逸材をつくることも大事。しかし本当に大事なことは「100人を100人とも有益な人材に育てる子だ!」とありました。

なかんずく、「職業高校にもっと光をあて、優秀な人材を輩出していかないと空知の未来はない。」と。おもわず、あまりの同じ理念の表明に握手を求めてしまいました。

私の考えに強く賛同いただき、心強く思うと同時に、やはり空知、また北海道は「人材主義」で行こう、否、行かねばならないとの思いを強くしました。

明日は地元芦別を120数件ごあいさつして回る予定です。
今日は涼しくてよかったですが、明日も涼しくあって欲しいと思うこの頃です。