多忙な一日

  • 2011
    06/27

マスコミとは、結局のところ刺激のあるものを報じざるに過ぎず、見る側にとってはポジティブな刺激よりも、ネガティブな刺激を強く印象付けられてしまいます。よってマスコミなんぞ!?が作り出すような世界観に翻弄されているのは、実は・・・政治家本人ではないかな?と思ったり致します(笑)。

すみません。最初から乱暴な言葉で飾ってしまいました。

本日の一般質問は(後日、議事録が公開されることでしょうが)よい答弁を引き出すことができました。

赤平市の五十嵐議員、奈井江町の笹木議員、そして上砂川町の斉藤議員も応援に駆けつけてくださった中での一般質問でした。本当に心強かったです。ありがとうございました。

そして、その前後にはあるテレビ局の取材もあり(冒頭の言葉はこのテレビ局に向けられたものではありません)、本当に一日バタバタした中であっという間に終わってしまいました。

話は変わって、卒業生から連絡があり、「消防の試験に向けて頑張っている」とのこと。
Y君、是非頑張ってほしい。ボクも(教員採用)試験の時はもうこのまま一生合格できないのではないかと思ったけれど合格することができた。その途端!今までの苦しかった努力の毎日こそが楽しい思い出として甦ってくることになりました。
なんとか勝利の栄冠を勝ち取るまで、あきらめずに頑張ってほしいと思います。

話は戻って、子どもたちの間では、「一定のめどが立ったら」という言葉が流行っているらしい。例えば、母親から宿題はいつまでやるのという問いかけに、「一定のめどが立ったら」と言いあてるのである。私の息子達なら「そんな言葉を選択した途端にダーティーな権力を振りかざす父親だと思っている(笑)」だけにそんな台詞は選択しないと思うが。

○枝野官房長官が、内山晃総務政務官を交代させ、後任に自民党の浜田参院議員を起用と正式に発表。浜田議員は自民党を離党するのですか?自民党に応援しようとしてあなたに票を入れた方々の思いはどこへ行くのでしょうか。

○菅直人首相が細野豪志首相補佐官を原発災害担当相として入閣させる意向を固めたそうです。蓮舫氏が務めている行政刷新相は、枝野氏がそれぞれ兼務するとのこと。蓮舫さんは17人の閣僚にいられるとまずいのかな。今回、この方は行政刷新相として、どんな成果を出されたのでしょうかね。当然「1位でなくても結構です」よ。

民主党もいつも同じ顔がコロコロと入れ替わって、順繰りじゅんぐり・・・。この人(細野氏)って、若くて優秀な方なのかは知らないけれど、妻子がありながら、どこぞの懲りない方と路上でなにかしていなかったかな?

もうこういうことはうんざりな訳で、復興とか復旧とか、前向きな空気が一気に壊されるような気がしてならない。

というわけで、冒頭に戻りますが、なにを、誰を、どういう情報を信ずればよいのでしょうか。

ここから引用です。
http://www.pluto.dti.ne.jp/mor97512/

「ジャーナリズムの力は大きい。世界を説得しうるような有能な編集者は、すべての世界の支配者ではなかろうか」(カーライル)
 上記のカーライルの言葉は、有能な新聞編集者への賛辞である。同時に、有能な編集者が強大な力をもっている事実を語っている。
 現在の日本における大マスコミの影響力は巨大であり、日本の大マスコミの編集者が、実質的な日本の支配者であることは、認めざるをえない。これが現実である。
 だが、日本のマスコミの編集者は「正義の編集者」ではない。日本のジャーナリズムが求めるのは「最高善の実現」ではない。日本の実力ある編集者の倫理が歪んでいるからである。
 日本のマスコミの有能な編集者が求めているのは、自らの利益と、自らの名声と、政治、行政すべてを含む日本の支配者になることである。有能な編集者は権力志向が強い。
 日本のマスコミの編集者のモラルは歪んでいる。この歪んだ価値観をもって政治、行政、経済を含む日本社会のすべてを支配し、思いどおりに動かそうとしている。そのために、大マスコミの実力ある編集者たちは団結する。団結することによって、大マスコミは巨大な権力と化している。
 ズバリ言えば、日本の政治は、歪んだ価値観をもつ大マスコミの編集者によって支配されている。日本の政治を衰退させ、政党をほんの一握りの独裁的指導部と大多数のチルドレンの歪んだ集団にしてしまった悪い選挙制度の小選挙区制を導入したのも、国政を正常に運営する能力のない小沢一郎、鳩山由紀夫、菅直人の民主党トリオを勝者にしたのも、マスコミである。いま菅政権を支えているのも歪んだ価値観をもつマスコミである。不道徳なマスコミは国民の敵である。

http://www.pluto.dti.ne.jp/mor97512/
(引用以上)
荒当聖吾