アイム 総理ィ~(汗)

  • 2011
    06/25

以前にも書きましたが、

選挙前には『政権交代!』

無事に政権交代を果たすと、なにが気弱くなったのか『党派を超えて(協力して欲しい)』

国家の危機を迎えればいっせいに『大連立!』と。

自分達ではなにもできない政権に「これ如何に」と発言したところだったのですが。

最低でも県外と「大嘘つきの元総理」から。『ペテン師!』とののしられ、

なに逆ギレしたつもりか『俺の顔を見たくなければ、この法案を早く通せ』と。

その発言と態度に驚きました。驚きを通り越し、怒りがこみ上げてきました。否、怒りさえも遠く去り、もはや哀れみを感じるしかありません。とても一国の総理とは思えない。道民の皆さんも、こんな人が日本の総理なのかと大きなショックを受けられたはずです。

残念ながら、3・11以降、国民総安全評論家となってしまったところがあり、残念ながら私もそう陥らないように気をつけていたところですが、申し上げざるを得ない。ささやかながら、自身のブログに記録するという意味でも申し上げさせていただきたい。

私は公明党公認の道議会議員として、言葉を慎まねばならないところも多くありますが、敢えて非難を覚悟してアンフェアーな発言もしておきたい。

総理、あなたは今や大半の道議会議員の世間話の中であっても、それが民主党公認の議員の口からであっても、もうあなたの手腕と人格の無さを嘆いています。顔も見たくないと思っています。私も総理ともあろう方が、こんな脅し、恐喝めいた発言をするとは信じがたいことです。

総理、あなたは震災復興を一日も早く達成させるためにも、また日本国の品格を保持するためにも、国民の皆さんにまず発言を撤回し、謝罪すべきです。そして速やかに総理を辞職すべきです。そのことを強く申し上げます。

日本国と天下万民のために。
荒当聖吾