道立地質研究所を訪れました(5/12)

  • 2011
    06/09

5月12日、公明党北海道道議一団で札幌市北区の道立地質研究所を訪れ、道内の活断層の状況から今後想定される地震、東日本大震災での津波調査の実状などについて話をうかがいました。
私は阪神大震災を被災してるのですが、そのとき活断層の研究もあまり進んでいなかったのか、「この地域は地震が起きない」だとか「もともと危険なところだった」などというコメントが流れました。
地震のメカニズムの解明や、それに伴う予知の進展に期待します。
shisitukenkyuujo
荒当聖吾