大本営発表?

  • 2011
    06/08

まるで「大戦末期の大本営発表のようなお粗末さ…」という印象を受けました。

東京電力福島第一原子力発電所の事故について、『政府が公式にメルトスルーの可能性を認めた』との記事を目にしました。

最初からいわれていた、「ただちに身体に影響の出る数値ではない。」という言葉も、放射能なんて『少しでもあびない方がよい』に決まっているのに、この表現。一つ一つの発表される言葉に、あやうさを感じておりました。

必死で作業に取り組まれている、東電職員やその下請けの方々。また同じく必死で解決をはかろうと努力されている公務員の方々。北海道庁の関係者も、本当にまじめに対応されていますが、最高権力者とその周辺に『悪意』があれば意味がなくなります。

これからの原子力政策のベクトルを決定させ『かねない』内容です。
注視していかなければならないと同時に、一刻も早くこの事故の終焉をむかえられるように、また、未だ避難生活をしいられておられる方にお見舞い申し上げます。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110607-OYT1T00646.htm?from=top
荒当聖吾